独立する人が多い理由

エンジニアはある程度の経験を積むとフリーランスエンジニアとして独立する人が増えてきます。これは経験者には管理職として期待する業界と、あくまでも技術者として働きたいエンジニアとの考え方のギャップが生み出すものでもあります。
とは言っても人手不足が続く業界では人材育成までは手が回らずに、そのスキル磨きは各自に任せる風潮があります。そのために多くのエンジニアは自分のプログラミングなどの技術磨きに力を入れて、やがてそれを活かせるように独立するのです。またクライアントが求める開発案件は、多くがプロジェクトを組んで必要な人員や労力を確保するので、そこでフリーランスエンジニアも参加できるわけです。

また、フリーとなれば仕事場も自由に定めることができます。自分が最も効率的に作業できる場所を選べるので、会社勤めよりも収入を増やすことが可能でしょう。もちろん会社というバックボーンが無くなれば信用も得られにくいので、たとえ高いスキルを持っていても仕事の確保につながらないジレンマも感じるかもしれません。けれども上手くそのギャップを埋めて、スキルの高さをクライアントの評価につなげることができるフリーランスエンジニアは大きく収入を伸ばしています。
あるいは現場での作業から一線を引いて、アドバイザーとして活躍する人もいます。このような多様な働き方が生まれるのは、業界が求める人材を育成できないという理想と現実のギャップも理由のひとつと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です