フリーランスエンジニアの収入と仕事場

これからフリーランスエンジニアになろうという人にとって、一番の利点は仕事場を自分で選ぶことができるという点でしょう。多くの方が自宅でということを想像するかもしれませんが、他にも選択肢はあります。レンタルオフィスやコワーキングスペース、シェアオフィスなどです。
ただ、できるだけコストを抑えたいなら自宅が一番です。勿論、自宅で仕事をすると個人情報漏洩の心配も出てきますが、それはフリーランスで仕事をする以上、仕方のない面もありますし、何といっても固定費が極力削減できます。
またレンタルオフィスの場合、設備は整っている場合もありますが、利用料を毎回支払う必要がありますし、コワーキングスペースとシェアオフィスの場合は同じオフィス内に仕事をしている人がいますから、守秘義務のある案件を覗かれる危険性など、セキュリティの部分が危惧されます。

となるとやはり、余計な出費、余計な心配事をせずに稼ぐことに集中できる環境を整えたいなら自宅でしょう。仕事場を自宅にすれば、BGMは自分で決めることができますし、作業スペースは誰かに気を使う必要はなく自由です。自宅を自分にとって一番集中できる環境にすることが低コスト、高生産性を実現させる一番の道だと考えられます。
それらを実現させることができれば、作業効率を上げられ、それゆえに収入も上がっていく可能性があり、加えて余計なストレスを抱えずに長期間それを維持できることでしょう。そういった利点がフリーランスに自宅を選ばせているのかもしれません。生産性と収入は深く関係しており、自分にとってどんな仕事場なら作業しやすいかを吟味することはとても重要なことだと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です